AudioCableCraft

"ハイエンドクラス・オーディオケーブルの音質"を
"手の届きやすい価格"で。

トップ > はじめての方へ

AudioCableCraft(ACC)について

AudioCableCraft のコンセプトや、こだわり

1."ハイエンドクラス・オーディオケーブルの音質"を"手の届きやすい価格"で。

「良いものを作って高く売るぞ!」というのが最近の風潮みたいですが、そもそも私がオーディオケーブルを作りはじめたのは、「オーディオケーブルって高すぎる!」と思ったことがきっかけでした。ですから、ACCではハイエンドクラス・オーディオケーブルの音質を、その数分の1の価格でお届けするということをコンセプトにしています。

ハイエンドケーブルの価格
30万円以上の某ハイエンドケーブル。欲しいけど買えない…!

ACCのオーディオケーブルには、切り売りケーブルを使用していません。なぜなら、”切り売りケーブルの良いものは高い”からです。 切り売りで販売するには構造にも限界がありますから、コストパフォーマンスもあまり良いとは思えません(※意見には個人差があります)。 ですから、ACCでは切り売りのオーディオケーブルは使わずに、よ~く吟味した線材と、手作りによる独自の構造で、大量生産のものとはひと味違うオーディオケーブルを作っています。

2.このような工夫をしています。

3.音質の向上に結びつかないコストは掛けない。

音質の向上に結びつかないコストは、できるだけ削るようにしています。

RCAケーブル 完成イメージ
RCAケーブル 完成イメージ

4.音づくり

こんな音を目指しています。

演奏の"場"にいるかのような臨場感

ひとことで言ってしまえば、解像度が高いとか、情報量が多いということになるのですが…もう少し具体的に言うと、このような音です。

オーディオシステムとの相性になるべく影響されない

ハイエンドクラスのオーディオケーブルのなかには、強い個性でごまかすようなものも少なくないようですが、個性が強すぎるとシステムとのバランスをとるのも大変です。 ACCのオーディオケーブルは、システムとの相性をなるべく生じさせず、できるだけ多くのユーザー様に使っていただけるよう個性を控えめにして、情報量で勝負しています。 しかし、情報量が優れているだけでは、無個性で、つまらない音になってしまいがち。 そこで、適度な音楽性があり、聴いていて心地よく感じられるような音を心がけています。

5.ユーザー様に満足していただくこと 。

"ハイエンドクラス・オーディオケーブルの音質"を"手の届きやすい価格"で、をコンセプトにしていますが、最終的に目指しているのは、ACCのオーディオケーブルを選んでくれたユーザー様に満足していただくことです。

音質に納得していただけなければ、返品していただいて構いません!

「自分が期待していた音と違うなぁ」「どうも機器との相性が良くないみたいだなぁ」なんて失敗をした経験は、オーディオをやっている方ならきっとあるはず。

そこで、もしACCのオーディオケーブルを使ってみて気に入らなかったら、返品していただいて構いません。 購入から60日以内であれば返品が可能ですので、安心してお試しください。 ご返品について、詳しいことはご利用ガイドのページでご確認ください。

壊れてしまったら?

オーディオ機器の高い修理費に悩んだ経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ACCでは、「できるだけ長く使っていただきたい!」と思っているので、保証期間終了後も、できる限り実費(送料や材料費)のみで修理いたします。

RCAケーブル 完成イメージ
RCAケーブル 完成イメージ

オーディオケーブルを作りはじめたきっかけ …など。

ちょっと語ってみました。お暇な方はお読みください(笑)

オーディオケーブルでこんなに音が変わるとは!

オーディオという沼(?)にはまってまだ間もない頃、ハイエンドクラスのオーディオケーブル(たしか十数万円)をお借りする機会がありました。 そのオーディオケーブルは高価ですが評判が良く、もちろん期待はしていましたが、一方で「所詮はケーブルでしょ」という気持ちもありました。

ところがです。聴いてみてびっくり!

それはもう、驚くくらい劇的に音が良くなったのです。アンプやプレーヤーを替えたかと思うくらい。 そういうことがあると聞いてはいましたが、まさかこんなに変わるとは。

もちろん「欲しい!」と思いましたが、さすがに価格が価格なので、諦めました。「アンプやプレーヤーならまだしも、ケーブルに10万円はちょっと…」という気持ちもあったような気がします。

買えないので、作ってみた。

その後、いつものケーブルに戻したものの、どうにも物足りない。 「自分のオーディオシステムに、あんなポテンシャルがあったのかぁ…」なんて考えてしまう。 でも、ない袖は振れないので、自分で作ってみることにしたのです。

「作るからには、あのオーディオケーブルに匹敵するものを作ろう!」

…なんてことは、このときはもちろん思っていません。 「あのオーディオケーブルの音にちょっとでも近づけたらなぁ」という程度でした。

早速、RCAプラグと切り売りのオーディオケーブルを買ってきて作りました。音質はもちろん”あのオーディオケーブル”には遠く及ばないものだったのですが…。それでも、「既製品を買うよりは安くて良いものができたなぁ」という手応えが得られました。

すると今度は、オーディオケーブルを作ることが楽しくなってしまい…。もともと工夫をしたり、ものを作ることは大好きだったので、いろんな材料を試してみたり、構造を工夫したり。何十本も作っているうち、「これは結構いい線いっているかも」と思えるものが作れるようになってきました。

試聴をお願いした知り合いからも「作って欲しい」とか「売ってみたら?」と言われるようになって、ほそぼそ販売もするようになり、いまに至ります。

その後も、改良のための工夫はずっと行ってきましたので、試作品の数も数百本に及びます。音質は既に"あのオーディオケーブルケーブル"に匹敵するレベルになっていると思います。 ユーザー様に「20万円のオーディオケーブルと比べてみたけど、負けてなかった」とか「一番コストパフォーマンスが高いと思っていたオーディオケーブルよりも上だった」という嬉しいお声をいただくこともあります。 今後も、まだまだ試してみたいことが色々とありますので、改良を続けていきます。

オーディオケーブルを、もっと気軽に買えるように。

”できるだけ低価格にする”ということは、最初から決めていました。 オーディオケーブルをはじめ、オーディオアクセサリについて、このように感じることが多かったからです。

「無駄に高い材料を使ってそう。立派な外箱もいらないし」
「手間が掛かるのかもしれないけど、それにしても高過ぎる。そもそも、その手間本当に必要?」
「アイデア料が高過ぎ。原価いくらよ?」
「あまり数が売れないのかもしれないけど…だからって、そのぶん高くするのはなんかおかしくない?」
「品質をよく見せようとして、わざと高い定価を設定してるでしょ」

有名メーカーの5~6万円するようなオーディオケーブルに、秋葉原のパーツ屋で1個300円くらいで売られてるプラグが使われていたり。 オーディオケーブルなのに何十万円もしたり。 価格に納得感がないといいますか…。みなさんも、同じように感じたことがあるのでは?

そもそもオーディオ自体にも、お金が掛かって当然というようなイメージがありますので、そのあたりの敷居を少しでも下げたいと思っていたんです。 マニアではない普通の人たちにも、もっとオーディオに興味を持って欲しいな、と。だって、せっかく好きな音楽を聴くなら、良い音で聞かないともったいないですよね? よく友人にも「オーディオやろうよ!」って勧めているんですけど、残念ながら、そんなに興味を持ってもらえません。音楽を聴くのは好きでも、オーディオ機器を揃えるとなるとやっぱり敷居が高いみたいです。

高価な機器にガンガンお金をつぎ込む、という楽しみ方もあっていいと思うんですが、私のオーディオケーブルは、「好きな音楽をもっと良い音で聴きたいなぁ」と思ったとき、気軽に選ばれるものでありたいと考えています。

さて、最後になりますが、もし、もしACCのオーディオケーブルをありがたいことに購入してくださったとして、「いいね!」と思うことがあったら、ぜひそのご感想を聞かせていただけると嬉しいです(それがなによりのモチベーションです)。 そして、もし「ここはもうちょっとこうしたほうが…」というご意見があれば、これもぜひ聞かせてください。そうしたご意見をもとに、より多くのユーザーさんに喜んでいただけるよう頑張りたいと思います。

それでは、あなたのオーディオライフが、より素晴らしいものになりますように!

このページの目次

ページのトップへ戻る