AudioCableCraft

"ハイエンドクラス・オーディオケーブルの音質"を
"手の届きやすい価格"で。

トップ > 純銀線 RCAケーブル『Lune(リュンヌ)』

純銀線 RCAケーブル『Lune(リュンヌ)』

RCAケーブル『Lune』

  • 純銀線RCAケーブル『Lune』
  • 純銀線RCAケーブル『Lune』
  • 純銀線RCAケーブル『Lune』

※画像クリックで拡大します。ブラウザの「戻る」ボタンで元の画面に戻ります。

☆「60日間返品可」「保証期間1年延長」対象商品
価格 53cm:21,700円  / 103cm:31,000円
税込み・送料無料(クリックポスト)

銀行振込をご希望の場合ご注文&お問い合わせのページからご注文ください。
その他のお支払い方法(※1)をご希望の場合AudioCableCraft 分店よりご注文ください。

(※1) クレジットカード決済 ・コンビニ決済 ・PayPal・Pay-easy・キャリア決済 ・後払い決済 ・楽天ペイ ・銀行振込に対応します。「60日間返品可」「保証期間1年延長」は本店(当サイト)でお買い上げいただいた方のみのサービスとなりますので、ご注意ください。

※長さ、プラグ(メッキ種類)、ハンダ、線材等の変更が可能です。詳しくは特注についての「セミオーダー」の項目をご覧ください。

純銀線 RCAケーブル『Lune』でこだわったポイント

詳細

純銀線RCAケーブル『Lune』は、優れたコストパフォーマンスを誇る『Soleil』をベースに、ワンランク上の表現力を目指したRCAケーブルです。

優れた情報量はもちろんのこと、よりハイエンドと呼ぶに相応しい音楽性を実現するべく、『Soleil』よりも更にグレードの高い純銀線を使用しています。 そして、その個性と能力を十二分に発揮できるよう、RCAプラグには、解像度が高く色つけの少ないロジウムメッキRCAプラグを採用しました。

『Lune』は、そこらへんの純銀線オーディオケーブルとはひと味もふた味も違います。艶のある表現を得意としながら、情報量も『Soleil』を凌ぐほど優秀です。 その音は、どこかミステリアスさを漂わせ、明るい音色の『Soleil』とは、ある意味対照的。 そこで、フランス語で「月」を意味する『Lune(リュンヌ)』と名付けました。

音質傾向

『Soleil』を凌ぐ情報量と音楽性の高さを併せ持っており、ハイエンドクラスと呼ぶに相応しいRCAケーブルです。

その音は、まったりとして艶やかでありながらも、力強さを感じさせます。 この力強さこそ、このオーディオケーブルの最大の特徴と言ってもいいかもしれません。 『Lune』の表現する音の厚み、深み、そして豊かな余韻は、よくある解像度が高いだけの純銀線オーディオケーブルからは感じられないものです。

帯域バランスでは中域のエネルギーが強め、重心はやや低いところにあり、どっしりとした安定感があります。 低音の存在感も特筆ものです。 低域には厚みがあり、低いところまで非常に良く伸びます。 音場の広さ、奥行きも非常に優れ、こちらもまた特筆すべき特徴です。

しかし、強いて弱点を上げるなら、その個性のために、ややジャンルを選びます。 明るく軽やかなポップスなどには『Soleil』のほうが適していると言えるでしょう。 しかし、クラシックやジャズにはぜひ『Lune』をお薦めしたい。『Lune』で聴く弦楽器やボーカルは秀逸です。

評価

音質について、多くのユーザー様から、市販の10万円以上の価格のRCAケーブルに匹敵するという評価をいただいています。

お客さまの声より

  • (それまでお使いのケーブルと比べて)解像度と音場は比較になりません。 特に残響音が生々しく、曲を最後まで楽しく聴けます。
  • 低域強めの機器や解像度優先ならSOLEIL、 バランスの良い押出し感や滑らかさ、艶を求めるならLUNEを(財布が許すなら)お勧めします。

⇒ より詳しいご感想については、ユーザー様の声のページをご覧ください。

材料

線材

『Lune』では、音質と、なにより音楽性の向上を図るため、『Soleil』で使用しているものよりグレードの高い純銀ベースの線材(撚り線)を、ホット・コールドの両方に使用しています。 銀は金属のなかで最も導電率が高く、信号の劣化が少ない理想的な導体であると言われます。実際に高品質な銅線などと比較試聴してみても、純銀線が情報量や帯域バランスの面で優れていることがわかります。 (使用している線材についてはメーカーさんとのお約束で言えないのですが)5N(純度99.999%)以上の高純度の銀に、同じく5N以上のクラスの貴金属を配合した非常に高品質で高価な線材です。 更に、特別な製造方法で無方向性を実現することにより、音質と利便性を向上させています。

プラグ

秋葉原の専門店もコストパフォーマンスの高さを認めるAEC社の新ブランド『aeco』のロジウムメッキRCAプラグを使用しています。 aecoは「高い品質と高いデザイン性」をテーマとしたAECの新ブランド。 なかでも『The STARS』の異名を持つこのRCAプラグは有名ブランドの高価なプラグを凌ぐ音質で、初めて使用したときには、私も驚きました。

このRCAプラグ『The STARS』には、次のような特徴があります。

Lune Purete(旧製品)で使用していたRCAプラグも、数あるなかから選んだコストパフォーマンスに優れたRCAプラグでしたが、今回採用した『The STARS』は更に抜きん出た音質を誇っています。

『The STARS』シリーズには、純銀メッキ、24金(純金)メッキ、ロジウムメッキ、純銀無垢(!)の4種類がありますが、RCAケーブル『Lune』には、線材の個性と能力を十分に引き出せるよう、解像度が高く色つけの少ないロジウムメッキを採用しました。

aeco ロジウムメッキRCAプラグ『The STARS』
aeco(AEC社製)ロジウムメッキRCAプラグ

数十万円のハイエンドクラス・オーディオケーブルに数百円のプラグが使われている、なんてことも意外と珍しくはないようですが、このRCAプラグはそういったものより遙かに優れた音質を持っています。

実はこのRCAプラグに惚れてしまったことをきっかけに、現在はaecoの代理店もやっています(興味のある方はぜひこちらへ)。

ハンダ

オーディオグレードのハンダのなかから、音質に優れ、ケーブルのコンセプトに適したものを選んで使用しています。

ご要望によっては、ハンダを変更して音質を調整することも可能です。詳しくは、オーディオケーブルの特注についてのページをご覧ください。

そのほかの材料

思いも掛けないことが音質に影響を及ぼす、ということがオーディオではよくあります。 そのため、使用する材料は、音質と直接関係のなさそうな部品に至るまで、比較試聴を行った上で、より適したものを使用するようにしています。

構造

様々な方法を試し、効果の高かった制振構造を採用しました。 数種類の材料を配合したオリジナルの制振材を使用するほか、ハンドメイドならではの工夫をいろいろとしています。 ユーザー様の声などを反映しながら、常に改良も続けています。

使用上のご注意

ACCのオーディオケーブルはハンドメイドのため、一般的なオーディオケーブルに比べてデリケートです。どうぞ優しくお取り扱いください。無理に曲げるなど特定の箇所に負担の掛かるような扱い、鋭利なものをオーディオケーブルに接触させるなどの行為はお控えください。

RCAケーブルを機器に取り付ける際、取り外す際は、真っ直ぐ抜き差ししてください。ひねりながら抜き差しをすると、断線の原因になることがあります。

関連サイト

協力サイト

ページのトップへ戻る